フローリング

日頃のお手入れは、掃除機などでゴミやホコリを取り除き、乾いた雑巾やモップで拭いてください。化学雑巾を使用する時は、水濡れ箇所には絶対に使用しないでください。フローリング面が白っぽくなる恐れがあります。また、化学雑巾を長時間フローリング上に放置しておくと変色する恐れがありますのでご注意ください。

ひどい汚れにはから拭きでゴミやホコリを取り除いた後、固く絞った雑巾または中性~弱アルカリ性洗剤を含ませた雑巾で、汚れを拭き取ってください。ただし、濡れた雑巾を頻繁に使用すると、表面にヒビ割れが生じることがありますので気を付けてください。

ワックスを塗らなくても耐久性は十分ありますが、表面塗装仕上げを施しているフローリング材には、半年に1度ワックスで適切なお手入れを行うことにより、美しい表面をいつまでも保つことができます。半年に1回程度を目安に、ワックスをかけましょう。床材表面の保護・つや出し効果が保てます。ただし、廊下の際や机の下など普段歩かない所はワックスが磨耗しないので、何回もワックスがけを行なうと膜厚が増して、色が変わって見えることがあります。塗り過ぎに注意してください。

※フローリング材の種類により、ワックス材選定には注意を要するものがあります。フローリングによってはワックス使用が禁止されている場合があります。フローリングメーカーの取扱説明書等でご確認ください。

床カーペット

毎日こまめに掃除機をかけましょう。その際、常にパイルを起こす方向にかけてください。 
表面のこまやかなゴミやホコリは、掃除機付属のコーナーノズルを使いましょう。 
また、時々古いヘア-ブラシでカーペットの毛を起こして中に入ったゴミを出してから掃除機をかけると、中まできれいになります。 また壁際は、ゴミがたまりやすい場所です。 ゴミやホコリは、カビやダニの発生源にもなるので念入りに掃除しましょう。

カーペットやラグをしまう前には、必ずクリーニングをして、防虫剤を入れて収納してください。 
ふたたび敷く時は、2~3日反対巻きにし、スチームアイロンなどで蒸気をあてれば巻きぐせは直ります。

カーペットは、素足の汚れや食べこぼしなどで意外に汚れています。定期的に中性洗剤を用いて、クリーニングを行ってください。 カーペットにシミがついたら、内部に染み込んで乾かないうちに素早く処理しましょう。

畳についた汚れ

インクやコーヒーをこぼしたら、広がらないようにティッシュや乾いた布で吸い取るか、牛乳で拭き取るのも効果的です。 シミになってしまった時は、水で薄めた中性洗剤を乾いた布につけ、たたきながら畳目に沿ってシミを取ります。その後洗浄分をよく拭き取り、乾いた布で拭いて十分水分を取るようにしてください。

Please reload

copyright   (C)株式会社 米山  All rights reserved.