ガスとガス器具

供給されるガスは、地域によって異なります。ガス器具もガスに合った器具が設置されています。 交換の際には、必ず安全マーク・合格マークがついたものをお選びください。 ガスレンジは、バーナーの目詰まりや空気調整の狂い・室内の酸欠などによって不完全燃焼を起こすことがありますので、 正しい炎で燃焼しているかを確認してください。万一異常がある場合は、原因を確かめて調整を。閉め切った室内でガス器具を長時間使用すると、酸欠・不完全燃焼を起こし、危険な一酸化炭素が発生します。 ガス器具を使用する時は、レンジファンを回して換気に注意しましょう。強制換気によって室内の気圧が低下し、玄関ドア等がバタンといきおいよく閉まることがあります。危険ですので、防ぐとともに換気効率を高めるためにもリビングの窓や換気スリーブも開けておきましょう。

ガス漏れ

ガスの臭いがしたりガス漏れ警報器が鳴ったら、まず元栓を閉めて窓や玄関扉などをすべて開けてください。その際、火を使うことはもちろん、電気を使ってはいけません。スイッチの火花で爆発を起こす可能性があります。都市ガスの場合は、うちわなどであおぎ出すと効果があります。またご自宅に異常がないのに臭う場合は、近隣のお宅に確認してください。 そしてこのような異常のある場合は、ガス会社に連絡ください。

ガスが止まったら

各住戸脇のメーターボックス内にあるマイコンガスメーターを確認し、赤ランプが点滅していたらマイコンメーターが作動しています。次の方法で復帰させてください。 ①住戸内のガス栓をすべて閉めます。②ガスメーター左上の「復帰ボタン」のキャップをはずします。③​復帰ボタンを奥までしっかり押して、すぐに放します。④ボタンが元に戻り、赤ランプが再び点滅を始めます。​⑤数分待ち、赤ランプの点滅が消えたら、正常にガスが使えます。

Please reload

copyright   (C)株式会社 米山  All rights reserved.