戸締りに気を付けよう

インターホンが鳴ってもすぐドアを開けず、ドアスコープで確認しましょう。
防犯上、ドアガードをかけたまま応対しましょう。玄関ドアは、火災時に煙と炎を遮断する防火扉の役目をします。防犯・防火上、ストッパーなどで扉を開放しないでください。 外出時や就寝時には、玄関だけでなく窓の鍵も閉めましょう。オートロック付き、2階以上だからといって安心はできません。

長期不在の時は

火災や水漏れなど、万一の場合に備えて管理組合(管理会社)に不在期間・緊急連絡先を連絡してください。新聞なども販売店に連絡し配達を中止してもらいましょう。新聞がたまっていると空き巣に狙われる可能性もあります。

その他防犯の備え

鍵を紛失した場合、犯罪に利用される場合がありますので、住所・氏名・部屋番号などの札は付けないでください。 住戸内で非常事態が発生した場合、インターフォンに非常ボタンがある場合はボタンを押して外部に知らせることができます。 万一に備えて、場所を確認しておきましょう。

Please reload

copyright   (C)株式会社 米山  All rights reserved.