トイレのお手入れ

ロータンク

トイレで1回に流す水をロータンクにためておきます。 レバーを回すと浮きゴムが持ち上がり、 排水口から水が流れます。ロータンクの水位が下がると浮球が下がり、浮きゴムが排水口をふさぎます。
浮球が下がることにより、ロータンクへの給水が始まります。水がたまってくると浮球が上がり、ボールタップが水を止めます。 トイレに流す水の量は一定に設定されています。ロータンクの中にペットボトルなどを入れて水の量を制限すると流れなかったり詰まりの原因になります。

トイレのお手入れ

便器について

こびりついた汚れは洗剤をかけてしばらくしてから汚したらすぐにトイレットペーパーや柄つきブラシで こすり落とせば、簡単に落ちます。こびりついた汚れは、洗剤をかけて数分たった後にブラシでこするときれいになります。プラスチックが使われていますので、便座にはクレンザーの掃除はクレンザーを使わないでください。汚れた場合は、薄めた中性洗剤などをつけた柔らかい布で拭き、その後、充分に水拭きしましょう。オーバーフロー管から水があふれている場合浮球がはずれているか、どこか引っ掛かっています。はずれている場合は、支持棒にねじ込んでください。引っ掛かっている場合は位置を調整してください。それでも直らない場合は、ボールタップの故障が考えられます。専門業者に修理を依頼してください。タンク底から排水口から水が流れている場合はクサリがからまっているか、浮きゴムの異常です。
クサリがからまっている場合はからみを直し、しっかり排水口にかぶせてください。浮きゴムが排水口からはずれている場合は何かものが挟まっていないか確認し、しっかり排水口にかぶせてください。

また浮きゴムが老化して排水口とのすき間ができている場合は、新しい物と交換してください。

※お部屋によっては、設備の仕様が異なる場合がありますので、ご了承ください。

トイレのトラブル

トイレの水が止まらなかったらまず、止水栓を回して水を止めてください。それから上ブタを持ち上げて、中を確認してください。止水栓は、ドライバーや10円硬貨で回してください。

トイレが詰まったら市販のトイレットペーパーを使用されているかぎりは小まめに水を流すことで防ぐことができますが、万一トイレが詰まった場合には、無理に水を流すとあふれて水漏れの原因になりますのでおやめください。あらかじめラバーカップを用意しておくと便利です。便器に水を溜めた状態で、排水口にラバーカップを密着させ、ゆっくり押し込み素早く引きます。また紙が詰まった場合は、お湯を入れて少しの間待って紙を溶かしてから、ラバーカップで同様に行なうと効果的です。汚水がはねるので、中央に穴をあけた透明のビニールシートを便器にかけ、周りに新聞紙などを敷いてください。ラバーカップがない場合や、それでも詰まりが直らない場合は無理をせず弊社にご連絡をお願いします。
※費用はお客様負担となります。

便器に水が出なかったらロータンクの上ブタを持ち上げて、中を見てください。浮球を動かす鎖が切れているか、引っ掛かっている可能性が高いです。鎖が切れていたら、新しい物と交換しなければいけません。応急処置としてヒモなどでつないでおいて、早めに新しいものと交換してください。

手洗い水栓からの水の出が悪くなったら止水栓をチェックしてください。閉まっていれば、開けることで解消します。止水栓に異常がなければ、ストレーナーにゴミが詰まっています。止水栓を閉めストレーナーを掃除しましょう。

※メーカーにより仕様が異なりますので、取扱説明書をご一読ください

Please reload

copyright   (C)株式会社 米山  All rights reserved.